蜜柑星・花城の忘備録

これは忘備録でしかない

10㌕痩せて はてぶの世界に戻ってきたぞ

4ヶ月近く放置しておりました花城みなみです。存在をすっかり忘れきっていました…

さて、この4ヶ月間一体花城は何をしていたのか。

 

「恋愛をしていた」というのが正しいですかね。

大学に入学して1ヶ月も満たない頃、私は猛烈に恋をしていました。不釣り合いで、届かない、そんな人に私は恋をしました。「この人の頭の構造はどうなっているんだろう」「この人の世界観を作り上げているモノは一体何?」そんな知的好奇心が、私の心を揺さぶるんです。しかしながら、一緒に居ても相手はいつも別世界を見ている。そんな気持ちになりました。いや、実際そうでしたね。思考回路が私のそれと完全に異なっているためです。彼について知りたいのですが、彼が今何を考えているのか、私には全く解らず泣きたくなることがありました。それは時に傷つくけれども、確実に自分の人生を豊かにしていたんです。

 

そして彼に少しでも振り向いてもらえるよう、自分磨きをしました。つまりは減量です。

何度ダイエットを試みても失敗続きだった私が10㌕も痩せてしまったのです。生まれて初めてのことで…なんと言いますか…夢のようですね。基本的に朝は小松菜とりんごに豆乳を加えた自家製スムージー。昼はソイジョイと豆乳。夜は野菜をたくさん食べました。美容のために夜は早めに就寝。寝る前は軽くインナーマッスルのトレーニングとストレッチを。これを4ヶ月続けました。すると、座った時に乗っかるお腹の肉は消え去り、代わりに腹筋とウエストが。歩く時に擦れた内腿の肉もすっかりなくなりました。そして何より、ファッションを楽しめるようになりました。自信がつきました。心から笑えるようになりました。目を見て話すのが怖くなくなりました。外出するのが楽しくなりました。これら全て彼のお陰だと思っています。

 

…詳細については述べません。ですが私は今も彼のことを愛しています。

勉強も、自分磨きも、まだまだ続けます。頑張ります。

うひゃーブログ続かない

こんにちは。花城みなみです。

 ここ最近の私の近状を書いてみました。

 

大学生はやっぱり暇。

暫く"無所属"だった私ですが、暇でした。それはもうニートのような生活で。課題もそこまでヘビーじゃない。自分に負荷が足りないような気がしたんです。またここには多岐の分野に渡って活躍されている人が沢山居る。学生で医療ベンチャー立ち上げた人、エンジニア、スポーツマン、語学の神様、アイドルなどなど。その人たちと繋がりたい!今はそう思っています。前回のブログではいきなりサークル入り出した人たちのdisを繰り広げてしまったけれども。ここで謝罪させていただきます。言論撤回させてください。

 

 

「それで今何してんねん」

私は今現在2つの研究会に属しています。一つ目は医療系の研究会です。私自身日本の医師不足や医療格差などといった諸問題に対しての関心度が極めて高いので。二つ目に社会安全政策の研究会です。ここでは国際的なテロ組織やDV・ストーカーなどといった絶えず発生する犯罪について勉強しています。(日曜ドラマ『小さな巨人』を見て警察庁に入りたいって思ったのが真の動機です笑) 両者ともに全く違う研究内容ですが、自分の興味関心のあることを学ぶことができる、これが文理融合型の自由な学習環境が整うSFCのいいところ!

 

とりあえず2年間は自由に、興味のある分野についてとことん学んで行こうと思います。「自分がどの分野において最もバリューを出すことが出来るのか」ってところを探ってゆきたいと考えています。

 

 

サークル入ったんだよ!

そしてなんとこの私がサークルに入ることに。しかもドローンサークル(KEIO AERIAL  ROBOTICS TEAM)。きっかけはドバイで行われたドローンレースの世界大会。私が大好きな映画『Tron Legacy』の中のLight Cycle Battleのシーンを連想させる目映い近未来的な青光が私のハートを射止めたんです!ドローンの操縦にはまだまだ不慣れですが、いつか新潟の実家近辺を空撮したい笑 ドローンレースにもチャレンジしたいです。

 

あとはまだ一度も参加していないのですが、慶應医学部のアイスホッケーのマネージャーもやることになりそうです。リンクも遠いしまだ未定なのですが。

 

それでもまだ負荷が足りない。起業家講座の運営をやっていた頃の自分の方が、輝いていた気がしてしまう。だから今、インターンすることを企んでいます。お金はそんなに要らないけど、泥臭く働いたっていう経験とエビデンスが欲しい。だって社会人になったら今ほど学習に費やせる時間の余裕など無いから。色んな会社に赴き、経験知を養うことのできる機会など無いから。だからこそ、この恵まれた境遇を存分に活かし切ります。

  

花城みなみ

 

 

 

入塾して1週間が経ちました

花城です。今日はSFCに入ってからの1週間についてと今後の展望についてをちょろっと書いて行きたいと思います。

 

入塾してから1週間の間はレクチャーのみで、授業内容の説明、成績評価、定期テストについての説明などを受けたりと、始まる前の心構えをする期間でした。多少余った時間で授業を受けたりもしましたが。

 

授業についての所感:

すべての授業が自分にあっているといった所感。無論大変難しい授業もあります。それでも私の中にはそれに対する目的意識があって、何のためにこれをやるのか、この学問をどう生かすことができるのか、といったビジョンが極めて明確です。ですから授業に対するモチベーションを維持することができます。詳しくは後日。

 

本格的な授業が始まるのは本日、金曜日からです。ですから自分の大学生活がこれからどうなってゆくのか。サークルに入ったりバイトする余裕があるのか。といった先の見通しは立ちませんね。授業が始まってみなければわからないことがたくさんあるんです。

 

サークルとか研究会とか諸々:

周りの人たち、まだ大学生活始まったとは言えないのにも拘らず、よく早速バイトしてみたりサークル入ったりできる余裕あるなあと思わず感心してしまいます。「みなみは入らないの?」とか「無所属とか馬鹿げてるよ」とか自由なこと言ってくる人がわんさか居ますが、そっちこそちゃんと両立できる自信があるんですか、と聞きたいくらいです。いや、それでもできる人の方が多いんだろうなここには。(確かに高校時代と比べたら負担はかなり軽減されている。私なんて起きるの9時とかだし)

 

ちなみに研究会については、ほぼ確定しています。

 

まず環境情報学部長の所謂秘密結社的な研究会に、先輩から勧誘されたため、入ることになりました。HPも会員しか閲覧できないようになっています。別に何かを研究しているわけではなく、年に数回OBOGを交えた集まりがあるんだそうで。学部長を含め、多くの方と知り合ったり貴重なお話を聞くことのできるチャンスだと思っています。

 

次にドイツ語研究室に入ります。秋学期からですが。SAとして教授のお手伝いをしたり、ドイ研のHPの開発をしたすることを企てています。具体的には新入生をターゲットとしたドイ研についての紹介や内部ネタ(例:ブログ・FBの更新)の公開などできたらと考えております。

 

ポチポチいじりながら同じ研究室内にいらっしゃるドイツ人講師たちに話しかけたりなんかしたら、絶対的にドイツ語喋れる頻度も高くなるだろうと。またドイツ語を専攻する者同志で学び合いができるようなコミュニティがSFCには存在しないので、何なら私が作ってしまおうかなと今考えを巡らせている最中です。

 

また更新しますね。

次回は授業についての所感を述べて行きます。

 

それでは

 

花城みなみです。ブログです。

ラップの出来ないちゃんみなこと

花城みなみです!

 

元ドイツ代表フィギュアスケーターで、元新潟のJKの私は、春から慶應義塾大学に進学することになりました。学部は総合政策です。スケート辞めてからの2年間は、お勉強むちゃんこ大変でした…

 

【そんな花城が、なぜイキナリブログを開設したのか】

数々の匿名ブログを持するこの私。毎度パスワードを忘れたり続かなかったりで自然消滅していました。ですが今回は大学4年間継続することを目標に、高校の後輩のためにも、大学での学びやキャンパスライフをここに書き留めて行こうと考えています。

 

 

宜しくお願い致します。